短い期間で治療ができる表側矯正と、矯正期間中に目立たないマウスピース矯正を

当院の矯正は、基本的に表側矯正で進めていくようにしています。
歯並びの細かい調整がしやすく、マウスピース矯正や裏側矯正に比べると、早い期間で矯正を完了させられる場合が多くなります。
ワイヤーは、目立ちにくい白いタイプをお選びいただくことも可能です。

また、ご要望がある場合は、マウスピース矯正も対応可能です。
マウスピース矯正は、取り外しができ、装着中も目立たないため、最近は希望する方が増えてきております。
お子さまの場合は、成長状況に合わせて治療方針をご提案しています。
永久歯が生え出す第1期に十分なアゴのスペースを確保し、生え変わったあとに矯正を行うことで、短い期間、少ない負担で処置で歯並びをきれいにすることができます。
ほかにも、大人の部分矯正なども行っておりますので、ぜひ一度ご相談ください。
精密検査を実施して、患者さま一人ひとりに合わせた矯正方法をご提案します。

歯並びとかみ合わせを改善し、見た目と機能性を両立した治療を目指します

矯正治療は、ただ歯並びをよくして、見た目をきれいにすることだけが目的ではありません。
見た目と機能の両立こそが大切なことだと考えております。
歯並びがよくなることで、患者さまが笑顔に自信を持つことができ、日々の生活がより充実したものになりますし、かみ合わせを向上させることで、顎関節症や消化不良を防ぎ、機能面の改善もできます。
歯並びが悪いと、プラークコントロールが悪くなり、虫歯が発生しやすくなりますので、整えることで、歯磨きがしやすくなり、虫歯や歯周病のリスクを下げることにつながります。
当院では、矯正が得意な歯科医師と、虫歯治療などを行う歯科医師が連携しながら矯正治療を行っていますので、虫歯治療や補綴なども合わせた総合的な治療が可能です。
見た目を美しくするためだけでなく、病気のリスクを下げるための管理がしやすい口腔環境にするためにも、矯正治療は重要です。
歯並びやかみ合わせで気になることがある方は、ぜひ一度ご相談ください。

矯正のデメリット

1. ゆっくり歯を動かすので治療期間が長くなる場合があります

高齢者の方で顎の骨や歯が弱まってしまい食事がうまくできない場合があります。
また、入れ歯の方でも強く噛めない・手入れが大変などというお声もあります。
そういった場合、矯正治療を行うことで噛みやすいように噛み合わせを整えることができます。
インプラントが必要な例など、矯正治療以外の処置が必要な場合もございますので、一度ご相談ください。
骨が薄い場合、ゆっくり歯を動かす必要がありますので、治療期間が予想よりも多くかかってしまう可能性があります。

2. 保険が利かない

矯正治療は『自由診療』のため、治療費や材料費など、高額なものもありますが、当院ではお支払いはカード払いやデンタルローンなどもご案内しております。
医療費に関して18歳以下の患者さまに関しては医療費控除が対象となります。
19歳以上の方に関しても、保険期間などお調べの上申請いただければ対象として処理されます。

3. 当院では裏側矯正を行っておりません

通常の表側矯正に比べ、裏側矯正は周囲の人からほとんど矯正器具が見えません。
「矯正器具を付けていて恥ずかしい」など、目立たない矯正を希望される方もいますが、裏側矯正は治費が高くなってしまう事が多いです。
そのため、当院では通常の表側につける矯正をおすすめしております。
また、マウスピース矯正もご案内できますので、ご興味のある方は一度ご相談ください。