初診カウンセリング
口腔内を拝見させていただき、個々のご要望に合わせた各種治療の方向性ならびに治療開始時期について、説明いたします。
なお、必要に応じて簡単な検査をする場合もございます。
精密検査
歯列模型、上下顎レントゲン写真、顔面レントゲン写真、口腔内写真、顔面写真を採取させていただきます。
なお、必要に応じて、お口の開閉に伴う下顎運動や、咀嚼筋群の筋活動の検査をする場合もございます。
診断と治療計画
精密検査の結果をもとに不正咬合の状態の説明と治療計画、治療方法ならびに治療期間、治療料金等について十分にご説明いたします。
治療
矯正治療は歯を良い位置に動かす動的治療と、治療の結果きれいになった歯ならびを安定させる保定治療の2段階に分かれています。

動的治療:治療計画に従い、いろいろな矯正装置を用いて顎の成長をコントロールするなど、歯を動かして治療を進め、理想的な歯ならびにしていきます。(装置をつける前と後に歯みがき指導を行います。)
顎の成長をコントロールする装置では、2~3ヶ月に1回、歯を動かす装置では、3~4週間に1回の間隔で来院していただきます。

保定治療:矯正装置をはずした後、簡単な装置(保定装置)を用いて、きれいな歯ならびが安定するまで年に数回経過をみていきます。

保定
矯正治療の最終段階は保定(ほてい)です。矯正治療で動かした歯や顎(あご)は元へ戻ろうとする生体反応があります。

せっかく長い時間をかけて頑張って良くなったものが、元に戻ってしまっては治療した意味がありません。そのため、歯や顎が安定するまで一定の期間、簡単な装置で保持する必要があります。

定期健診
矯正治療が終了し、安定したきれいな歯ならびになりました。
その後はご希望により定期検診をします。

お気軽にお問い合わせください。03-3464-1958受付時間 10:00〜19:00(土曜18:00迄) [ 木/日/祝日除く ]